Google+ Followers

2014年2月28日金曜日

煙突掃除とプチ煙突火災

薪ストーブの調子がここ一週間おかしかった。ダンパーをあげて、二時燃焼にもっていくと、火が消えていたり、そうかと思えば、急にボワっと火が出たりした。温度も上がりにくくなっていた。今週水曜日の朝、仕事に行くと、家の二階が急に煙臭くなったと妻から連絡があった。
煙突が詰まりかけているかもしれないと思い、このまま薪ストーブを使い続けると、煙突火災を起こしかねないと思った。直ぐに薪ストーブのメンテナンスをしてもらっているおじさんに連絡したら、金曜日の昼過ぎにみてくれることになった。

昼過ぎに薪ストーブおじさんがきてくれて、玄関でお出迎えすると、開口一番。
「煙突トップが詰まってるねぇ。つららみたいに煤が付いているから、それでわかるんですよ。」
ストーブの中に手を入れて、煙突のドラフトが弱くなっていることも指摘してくれた。煙突を叩いたり、薪ストーブの中から煙突内に手を突っ込んだりした結果、煙突内は大丈夫で、トップだけの問題だと診断してくれた。

煙突の診断後、おじさんは屋根に上がって,煙突掃除をしてくれた。角トップを金型ブラシでこすると、大量の煤がデッキに落ちてきた。トップを綺麗にしてくれた後、煙突の中ももついでに掃除してくれた。

屋根での煙突掃除を終えたおじさんは,一時的に湿った薪を使ったんじゃないかと聞いてきた.煙突トップだけに付着している大量の煤をみて,一時的に集中して湿った薪を焚いた場合にこうなると教えてくれた.丸トップは煤でつまると,すぐに煙が家中に逆流するから,すぐに分かる.しかし,角トップは金網に付着した煤が風で飛ばされて,一時的に空気が流れるようになるから,状態が不安定になるけど,気付かずに使い続けてしまう危険性があることも教えてくれた.

すぐに二階のベランダで野ざらしで1年乾燥させた大量のコロ薪がどことなく,まだ充分に乾燥していないんじゃないかと思いながら,焚いたことを思い出した.

しかし,おじさんが教えてくれたことはそれだけではなかった.
煙突掃除後に薪ストーブ内に落ちてきた煙突トップの煤を手に取り,
「これは煙突トップに付着した煤に火がついた証拠だね.通常の煙突火災は煙突の中でおきて大変なことになるけど,煙突の中がきれいだったから,煙突トップだけですんだ.」と,煙突火災が起きていたことを教えてくれた.

やっぱり,薪の状態が悪いのは絶対に使ってはいけないと思った.

 



煙突トップからストーブ内に落ちてきた煤

0 件のコメント:

コメントを投稿