Google+ Followers

2012年6月27日水曜日

よく失くす

SonositeのMturboを使いたいと思ったときに使えないことが最近、増えている。電源コードが接続口から外れて、電源コードが行方不明になり、その後、しばらくは充電で使われて、丁度、充電がなくなったところで、自分が使う羽目に。

2012年6月22日金曜日

仕事道具を失った

Mtuboに接続して、USGRAの記録に使用してきたソニーのビデオカメラが壊れた。タッチパネルなので、液晶パネルが壊れると、何もできない。ペインクリニック学会のワークショップの準備が、これでできなくなりました。撃沈

このHDDビデオカメラは入力端子がついていて,超音波診断装置の画像が記録できる.残念ながら,ソニーはこのバージョン以降,入力端子を装備からはずしてしまった.これがなければ,仕事にならない.このビデオカメラのおかげで,世界中の麻酔科医と友人になれた.そういっても過言ではない.なんとか,修理せねば,いくらお金がかかったとしても・・・・とりあえず,日本ペインクリニック学会に間に合いそうにないのが心配.


2012年6月20日水曜日

180で手技を見せる

現在,碧南にある病院に週1回,外勤日に出向しています.そこには,若い麻女が一人だけいて,がんばっています.僕が行くようになって,彼女が超音波ガイド下末梢神経ブロックに取り組んでいます.そこには超音波画像装置は,日立のものしかなく,他科の外来診療にも使用されており,手術室専用ではありません.そこで,自分のソノサイト180を持って行き,それでブロックをしています.先週から立て続けに,呼吸器外科手術があり,180で傍脊椎ブロックのカテ入れを二人でやっています.もっと,いい画質の装置があれば,神経ブロックの教育もよくなると思うのですが・・・仕方ありません.

治療のための超音波装置

学会で,末梢神経ブロックに必要なのは超音波診断装置ではなく,治療のための超音波画像装置なんだと主張し,そのためにどんなプローブが必要なのかを機器展示のブースで講演しました.特に,脊椎・傍脊椎ブロック用のプローブは今までの大きさ,形,画質ではだめで,どんなものがよいのかについては,2大超音波機器メーカーには伝えてきました.

僕の主張に感化された麻酔科医が,国内の超音波機器で,脊椎・傍脊椎周囲専用プローブを模索しはじめた.フェイスブックのディスカッションで話題として上がってきている.超音波ガイド下神経ブロックの新展開,超音波機器メーカとしての販売実績も,このプローブのあるなしが左右するような気がしている.

2012年6月9日土曜日

末梢神経ブロックは,本当に普及期に入ったのか?

学会の超音波ガイド神経ブロックワークショップは,ソノサイトとGEの二つの企業協賛ワークショップがありました.僕としては,ソノサイトからかなり前の段階でインストラクターの話が来ていたので,同日開催ということもあり,時間的に厳しいかなと考え,GEのほうはお断りをしました.

ソノサイトのワークショップの設定は,はじめから上級者用として話が来ていました.末梢神経ブロックが普及期に入り,今までのようなワークショップではなく,つまり教科書的な話ではなく,実際にエキスパートがどのように末梢神経ブロックを手術に使っているのか,何を準備し,どんな薬を使い,どのようにブロックをするのか,ビデオで見せて欲しいという話でした.話をきいて,僕は上級者用コースを頭に設定してしまいました.患者入室からの流れを話をしていたら,当然,教科書的な話などできるはずもなく,聴講者は上級者だと判断したわけです.一方で,GEは今までどおりのワークショップを開くと聞いたので,初級者はGEのワークショップを受けるんだなと思いました.

そして,学会二日目,僕は体幹のワークショップを担当しました.解剖やら超音波画像の説明は一切しませんでした.難易度の高い胸部傍脊椎ブロックをどのようにおこなっていけばよいのか,コツは何かを説明しました.真っ暗闇の向こうにいる聴講者は,末梢神経ブロックの中級から上級者だと思っていました.

ところが,ビデオレクチャーが終わって,各ブースに分かれてからのレクチャーでは,聴講者のほとんどが,プローブの握り方すらままならない初級者,しかもブロックをほとんどしたことがない先生ばかり.それが分かった瞬間,全く意味のないビデオを供覧してしまったことを後悔・・・.

この学会で思ったのは,本当に末梢神経ブロックは普及期に入ったのか?ということです.まだ,一部の急性痛管理に熱心な麻酔科医がやっているだけの導入期で,一部の熱心な麻酔科医が増えただけ.たしかに演題数をみると,かなりの数になってきました.しかし,ほとんどの先生方は施設に麻酔科医用の超音波機器が手術室に配備されておらず,指をくわえて見ているだけの導入期じゃないのかと思いました.どうなんでしょう?やっぱり,普及期?

2012年6月8日金曜日

名古屋大学超音波ガイド神経ブロック教育プログラムは今・・・

この学会でも,数人の方からお問い合わせがありました.以前にお話しましたように,今年は麻酔科入局者数が多かったために,現時点で研修にくる先生を医員として採用して,生活費の保証をしてあげられる体制が整っていません.また,タイ人麻女Wireenaさんのブロック教育に力を注いでいます.よって,しばらくはプログラムを止めております.状況が変わり次第,またご報告させて頂きます.

美味しい

今年の企業共催ワークショップで、ソノサイトで出されたクッキーを皆さん、召し上がりましたか?これが、また美味しいのなんのって。最高でした。

2012年6月6日水曜日

査読の質が一定していない

座長の依頼を受けているので,学会の抄録を読んでいます.読んでいて,びっくりすることは,データも書いていないのに発表を許されているものが目に付くことです.僕が査読をしたものは,データ記載のないもの,統計学的におかしな結論を出したものは全て通しませんでした.中には,他の文献と比較考察し発表するというような地方会ネタのような抄録まであります.このような場合は,結論のところで他の手法と比較した結果が述べてあって然りです.こんな不公平な査読が許されてはいけません.査読者は,もっとしっかりするべきではないでしょうか.

1番の心配

今学会で1番の心配は、予定日を迎えたAA先生が壇上にあがること。壇上分娩になっても大丈夫なように、魔法瓶にお湯、桶をもっていこうかな?