Google+ Followers

2012年6月6日水曜日

査読の質が一定していない

座長の依頼を受けているので,学会の抄録を読んでいます.読んでいて,びっくりすることは,データも書いていないのに発表を許されているものが目に付くことです.僕が査読をしたものは,データ記載のないもの,統計学的におかしな結論を出したものは全て通しませんでした.中には,他の文献と比較考察し発表するというような地方会ネタのような抄録まであります.このような場合は,結論のところで他の手法と比較した結果が述べてあって然りです.こんな不公平な査読が許されてはいけません.査読者は,もっとしっかりするべきではないでしょうか.

0 件のコメント:

コメントを投稿