Google+ Followers

2013年5月21日火曜日

超音波ガイド下末梢神経ブロック 実践24症例

 自分が編集に携わった「超音波ガイド下末梢神経ブロック 実践24症例」がメディカル・サイエンス・インターナショナルから販売されます.自分は,これまで,平行法による超音波ガイド神経ブロックでは姿勢や型の重要性を述べてきました.神経ブロックの各手技を,絶えず同じ姿勢で同じ動きで行うことがいかに技術をあげるか,それは居合いや弓道にも共通するものがあります.この本は,そのイメージを表紙にしました.


 自分自身は編集以外に,末梢神経ブロック後の周術期神経障害に遭遇した際に,どのように神経診察をしていくかについて書きました.どのように神経障害の部位を特定していくべきかについて,ここまで詳細に述べた記述はないと自負しております.末梢神経ブロック後の周術期神経障害の総論ばかりで各論がないと,ずっと思ってきました.この際だから,各論を自分で書いてしまおうと思った次第です.
 


 バランス麻酔という概念で行われる全身麻酔に,超音波ガイド神経ブロックが取り入れていくべきかをこの本では学べます.今年の学会で,この本を購入して,各執筆者を見つけて,サインを集めるのも面白いと思いますよ.すでにアマゾンでは注文を受け付けています.
http://www.amazon.co.jp/%E8%B6%85%E9%9F%B3%E6%B3%A2%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89%E4%B8%8B%E6%9C%AB%E6%A2%A2%E7%A5%9E%E7%B5%8C%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF-%E5%AE%9F%E8%B7%B524%E7%97%87%E4%BE%8B-%E6%A3%AE%E6%9C%AC%E5%BA%B7%E8%A3%95/dp/4895927482