Google+ Followers

2014年2月2日日曜日

呼吸器外科手術1年後の遷延性術後痛

後側方切開で呼吸器外科手術をうけた患者の1年後に,慢性痛があったか、患者に質問してしらべた論文がある.
86名中,65名が解答をした.
35人(48%)に慢性痛があって,そのうち8名(12%)が神経障害性痛であった.

慢性痛のリスクファクターは,年齢,ASA分類,ドレーンの数で,年齢が若く,合併症のない人が,ドレーンを数本挿入される状況になると慢性痛になりやすい.

興味深いのは硬膜外麻酔の有無やPCEAの有無は慢性痛の発症に関連がない.
メタアナリシスでは硬膜外麻酔に予防効果があると報告した論文があるのだけど・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿