Google+ Followers

2014年3月10日月曜日

WhiteSmokeの システム変更

英語の文法や編集を手伝ってくれるソフトとして,WhiteSmokeを以前,紹介した.このソフトは毎年,少しずつシステム変更をしていた.しかし,今年から,その中味が多く変わり,ほぼ全く別のものと思うソフトになった.以前は文章を選択して,F2ボタンを押すと,英文チェックをしてくれたが,最新版は,常に起動され,文章をチェックするようになっている.

問題は,英文をチェックするのはwordとoutlookに限定されていること.これまでのようにpower point上では働かない.一番,最悪なのは,これが日本語環境のパソコンでは重くなって,英文チェックに時間がかかり,結果が表示されない.つまり働かない.働かないばかりか,こちらが入力しようとする英語すら入力できなくなってしまう.恐らくはAtokと喧嘩していることが原因かと推測される.WhiteSmokeのサポート技術者が遠隔操作で,僕のパソコンの設定をいろいろ変えてみたもののダメ.最後には,サポート技術者も諦めるとメールが来た.

いずれにせよ,今後,WhiteSmokeが使えなくなってしまったことが痛い・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿