Google+ Followers

2014年1月26日日曜日

Dexmedetomidineを使いこなす(3)

プレセデックスの血中濃度を0.8 - 1.0 ng/mLで維持することの利点は

ひとつは,末梢神経ブロックで針を刺入前の浸潤麻酔が不要となる点です.これは乳腺外科で体幹の末梢神経ブロックを行うときのように,高用量の局所麻酔薬が使用される場合に,局所麻酔薬の使用量を少しでも抑えることで,局所麻酔中毒を避けることができます.また,ブロックが不完全遮断の場合でも,術野での浸潤麻酔をする余裕を残しておけることになります.

もうひとつは,末梢神経ブロックの効果発現までの待ち時間をなくせることです.日本のように,ブロックだけをして手術を待機する部屋がない状況では,手術室でブロックをせざるえません.ブロックが効いてくるまで待つと、手術室の回転がわるい.そこをプレセデックスでカバーしてしまう.
そろそろ大丈夫という時間帯になったら,プレセデックスの濃度を下げてばよい.

欠点は,ブロックの効果を執刀時に確認できないこと.プレセデックスの濃度を下げていくことでしか,ブロックの効果をみることはできない.そこがminimally invasive anesthesiaとの唯一の違いでしょう.

 

0 件のコメント:

コメントを投稿