Google+ Followers

2012年5月14日月曜日

傍脊椎周囲専用プローブ

脊椎・傍脊椎周囲専用のプローブが必要である.つまり,検査のためではない,治療のためのプローブが欲しいのだ.このサイズが傍脊椎専用としてベストかなと考えている。このプローブは本来,僕が駄目で使えないと主張しているメーカーのものである.たまたま,理想に近い大きさのプローブがあったので試してみた.しかし,現段階ではとても使えたものではない。治療専用とはとても言えない.その使えたものではない画質で行った胸部傍脊椎ブロックは,これまでの僕のアプローチを大幅に成熟させた.

昨今,海外メーカーは,超音波ガイド手技のハイテク技術を開発にしのぎを削っている.いかにビギナーが安全かつ確実に手技を行えるかという視点で・・・.しかし,結局は人間の脳が作り出す手技に勝るハイテク技術はない.あるレベルまで技術を習得した者(プロ)は,ハイテク技術を必要としない.検査のためではない,治療専用として考え尽くされたプローブ.ビギナーではなく,プロのために開発されたプローブ.超音波機器メーカーには,そのための開発を忘れてもらいたくはない.国内二大超音波機器メーカーには,すでに僕が考えているものを伝えた.どちらが先に市場に出してくるか,今後の動きが楽しみである.

0 件のコメント:

コメントを投稿