Google+ Followers

2012年4月21日土曜日

どれくらいで技術は落ちるか?

超音波ガイド神経ブロックの技術を維持するには,どれくらいサボってしまうとだめなのだろう?

どうして,そんなことを考えるようになったのかと言えば,どうも自分の神経ブロックの技術が落ちているからだ.藤子先生に,勝負画像に一発で針を描出するようになれと、口酸っぱく言い続けた自分が,一発で画像に針を描出できない.これまでに全国の5人の麻酔科医を受け入れて,3ヶ月間のトレーニングに付き合ってきた(旭川医大のO先生は1ヶ月).彼らがいる間は,自分はほぼ手技をすることがなかった.しかし,彼らが去った後,自分で超音波ガイド神経ブロックをすると,物の見事に一発で画像の中に針を描出させていた.それなのに,藤子先生が去った後の自分は駄目だ.恥ずかしいくらい技術が落ちている.ウィレナに「これが日本の神経ブロックだ.」と言わしめるような手技を見せていない.

よく考えると,これまでは3ヶ月研修後,1-2ヶ月間隔を開けて、次の研修3ヶ月を受け入れてきた.その間は、自分の技術は落ちなかった.これまでと違っていたのは,旭川医大のO先生と昭和大学の藤子先生の間には,全く間隔が空いていないということ.つまり僕は4ヶ月,ほぼブロックをしてこなかった.それを考えると,4ヶ月,超音波ガイド神経ブロックをサボると技術は落ちるのではないかと仮説を立てたくなる.そして,4月に入り21日が経とうとするのに,未だに勝負画像に一発で針が映ってこない.失ったものを取り返す努力は並大抵ではないということがわかる.教育プログラムに参加した人をみると,一ヶ月に120から130本ペースでブロックをして,だいたい1ヶ月半から2ヶ月(経験数ゼロから始めたK先生と藤子先生は少し遅かった・・・)で勝負画像に針を一発で出すようになっていた.とうてい,このペースで僕一人がブロックをするのは無理なので,当分の間,技術が落ちたままだろう.

外傷で腕から大出血して暴れ狂う患者に暴れ狂った状態のまま,鎖骨下腕神経叢ブロックをして黙らせた(局所麻酔中毒にしたわけではない,鎮痛で落ち着かせた).腕を脱臼し,腕が挙上した状態のまま,座ることも寝ることもできない患者に立ったまま,腕神経叢ブロックをした.こうした神経ブロックは勝負画像に一発で針を描出させる能力があってこそ,できたもの.しばらくは,こんなことはできない・・・orz.いつ元に戻るだろう?

3 件のコメント:

  1. いつも楽しく読ませてもらってます(^^)

    確かに・・・硬膜外やCV穿刺ですら、指導ばかりでしばらく刺していないと感覚が狂ってきますしね・・。それよりさらに繊細な神経ブロックであれば尚更でしょうね・・。

    でも暴れる患者に腕神経ブロック・・すごいですねΣ(゚д゚lll)

    返信削除
  2. 私が興味があるのはあるレベルに達した後でどの程度の間隔でブロックしていれば自分の技術を維持できるのかということです。それが分からないと指導しにくいですよね

    返信削除
  3. 今の先生はAKBの最前列に並んでもおかしくないトップアイドルです(笑)。
    けれども、たまには「誰のためでもない、自分のための仕事の時間」を作られてはいかがでしょうか。

    先生の前職場のK前教授から”麻酔の面白さを伝える事”という考えを教えていただきました。それは、うまくいく時も、いかない時も同じであろうと思い、私自身は自分の中で”うまくできていない”と感じる時には(後進者も含めて)仲間に助言や手助けを求めています。

    返信削除