Google+ Followers

2013年1月8日火曜日

呼吸器外科専門麻酔研修医

麻酔科にも二ヶ月間、研修医が来て修練を積みます。自分は呼吸器外科手術の麻酔を担当するようにしていますが、そのときに一緒に麻酔をする研修医をいつも同じ先生に決めています。呼吸器外科専属で充てるようにして二人目で、今はN先生です。彼らは、呼吸器外科専門研修医と名付けたくなるくらい呼吸器外科手術の麻酔に習熟していきます。N先生に限って言うと、彼は肺全摘術、胸壁合併肺葉切除も難なくこなせます。右用のダブルルーメンチューブも使いこなして、術中に酸素飽和度が低下すると、気管支鏡をのぞいて位置ズレの修正まで判断できます。

一人の先生に同じ手術を徹底的に叩き込ませることで、「プロフェッショナルな仕事というのは、同じ事を同じように繰り返していくことの連続で、仕事に型(かた)が出来ると上手になる。応用なんてものはなく、あくまで型のレパートリーが増えるだけ。」ということに、早い段階で気付いてもらえます。

こうした取り組みの利点は、。医師教育の面だけでなく、麻酔の質も高いレベルで保てるのでよいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿